Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
その日に購入した本の紹介。またお勧め書籍の紹介など。
<< お茶会はじめました | main | ケロロ軍曹 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
進め!未来の大英雄
 新ソード・ワールドRPGリプレイ集1 進め!未来の大英雄
 著者 秋田みやび/グループSNE

 知らない人には溢れんばかりの魅力を、知る人には哀愁と懐かしさを。

 ソードワールドという、国産RPGではおそらくNo.1のシステムの新シリーズリプレイの第一弾。

 まずはTRPGってなに?という説明から。

 まず、皆さんがRPGと聞いて思い浮かべるのは何ですか? 

「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」、ちょっとひねって「ポケットモンスター」でしょうか。

 私たちは当たり前のようにこれにふれ、日々遊んでますが、これらのゲームには雛形と呼ぶべきゲームが存在しているのを知っているでしょうか? そう、それこそがコンピューターゲーム全盛の時代である今でもなお、その魅力で離さず恐ろしいほどの粘り強さで存在し続けるゲーム、TRPGなのです。

 コンピューターを介さず、プレイヤーの会話とサイコロのみでストーリーが進行し、MMORPG(ネットRPG)なんて比較にならないほどの自由度の高い遊び方が出来るゲームです。

 まあ、やったことがない人にはいまいちイメージがつかみづらいと思いますが、そのゲームで遊んでいる雰囲気を記録して、一冊の本にしてまとめたのがリプレイと呼ばれる本なのです。

 TPRGの説明はこれくらいにして本の紹介を。

 若葉マーク付GM(ゲームマスター、ゲームの進行役)が七転八倒抱腹絶倒しながら、へっぽこ冒険者たちと物語を織り成すさまを活き活きと書いたリプレイ本です。

 プレイヤーも十分個性的ですが、さらに冒険を彩る個性的な脇役たちにも注目です。

 いわく、臆病すぎたゴブリン、食材を追求しすぎた料理人、あまりにも純粋でありすぎたブラウニー。

 彼らにより冒険者たちは泣き、笑い、そして少し心が痛む冒険をすることになり、少しづつ成長していくのです。そういった彼らの成長もこの本の見所の一つです。

 アニメや漫画のような自由な冒険がしたい! と思っている方々にこの一冊はいかがでしょう。
| 読書狂購入記 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:37 | - | - |









http://wasabidow.jugem.jp/trackback/2